2月, 2016年

2016年2月第二例会(第1274回)

2016-02-28

◆◇と き 平成28年2月23日(火)12:15~    ◆◇ところ 西脇経済センタービル2F

司 会 奉仕委員会 委員長 L藤原雅彦

1.開会のゴング  会 長 L宮﨑春貴

2.国歌並びにライオンズヒム斉唱

3.会長あいさつ  会 長 L宮﨑春貴

皆さん、こんにちは。本日も例会出席いただき、有難うございます。この21日は、恒例の西脇多可高校新人駅伝競走大会でした。奉仕委員会委員長L藤原の元、多くのメンバーの皆様に、ぜんざいの炊き出しに奉仕していただき、有難うございました。来られた方からは大変おいしかったとの声も聴いています。駅伝については、皆様もよくご存じかと思いますが、男子は、西脇工業が7年ぶりの優勝、また女子は西脇工業が2位と素晴らしい成績を残してくれました。この勢いで、年末の駅伝でも頑張ってくれることを期待したいと思いますこの時期になると、よく奈良のお水取りが終わると春が来て暖かくなると言われています。奈良のお水取りは、1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い冬の夜に、大松明(おおたいまつ)を持った童子(どうじ)が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を回ります。 二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。この行法の起源については、天平勝宝4年(752)に始まり、以来一度も途絶えることなく続けられています。現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、「修二会」と呼ばれるようになりました。また二月堂の名もこのことに由来しています。 この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、毎晩7時(12日は7時30分・14日は6時30分)に行なわれる「お松明」(おたいまつ)は、長さ約7mにもなる大松明を童子(どうじ)と呼ばれる人がかつぎ、練行衆はその松明の火を道あかりとして、二月堂のお堂へ入っていきます。 夜毎、大きな松明(たいまつ)に火がともされ、参集した人々は、「お水取り」といって、若狭井(わかさい)を囲みます。このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」(おたいまつ)とも呼ばれるようになりました。 お水取りに続き、大松明(おおたいまつ)を持った練行衆が内陣をかけまわる達陀(だったん)という妙法があり、15日にはダッタン帽を幼児にかぶせると健康に育つという風習が残っています。おたいまつは、1日から14日まで毎日上堂されます。少しお水取りについて、話をしましたが、このような話は、L小林からして頂くのが一番だと思ったのですが・・・もっと詳しく知りたい方はL小林にお聞きください。L小林よろしくお願いします。

4.幹事報告   幹 事 L徳岡武義

5.提出議案の説明(別紙のとおり)

6.本日の議題  会 長 L宮﨑春貴

7.その他、報告事項

8.食

9.会員スピーチ  L朝井 聰

西脇市国際親善交流協会との関わり

約47年前に1人の交換学生が来西する事により、レントン市との交流がはじまりました。最初は両市のライオンズクラブ同士の交流がスタートし、1969年に姉妹都市の提携の運びとなりました。私が協会の運営委員になる平成5年末でも、中学生の交流や市民間の使節団の相互訪問が何度も行われ、交流が深められてきました。 私が協会活動に参加する切っ掛けは、同級生の勧めで前市長の来住氏にお会いした事でした。彼の言葉は「交流はしているのだけれども一部の市民に限られ、また言葉や慣れの問題があり少々堅くて、思っている交流とは異なるのだ」「もう少し一般レベルで幅広く、ソフトで和やかなものにしていきたいので協力して欲しい」という事でした。私は24~25歳の2年間アメリカの大学にいた時、一度も人種差別を受けた事もなく、大戦に対する恨み事も聞いた事もありませんでした。多くのアメリカ人の友情に後押しされて、1ヶ月かけてのアメリカ一周も体験できました。戦後間もなく日本に来て日本人と共に働き付き合った弁護士が日本人が大好きになり、帰国してから20年以上も経過してから彼の息子と日本人が同居していると知り、いろいろな形で助け船を出してくれました。その2年間に受けた数々の恩を少しずつ返して行こうと思い、活動をスタートしました。協会は市、商工会議所、企業、個人からの支援を受けながら、①レントンとの交流支援②日本語の教授(近隣で働く外国人に対して)③外国人(ATLを含む)に対するパーティー開催や相談窓口、等の活動を続けています。これからも協会の活動に対してご協力をお願いします。

10.前回のファインバンク  テールツイスター

11.本日の出席率  会員・会則・財務委員長 L稲益和貴

12.また会う日まで

13.閉会のゴング  会 長 L宮﨑春貴

第8回 西脇多可新人高校駅伝徒競走大会 ぜんざい炊き出し

2016-02-22

◆◇と き 平成28年2月21日(日)        ◆◇ところ アピカ北棟 北側駐車場

男子スタート

女子スタート

ぜんざい 作るぞー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西脇工業男子A;優勝

西脇工業女子A;準優勝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月第一例会(第1273回)

2016-02-12

◆◇と き 平成28年2月9日(火)12:15~    ◆◇ところ 西脇経済センタービル2F

司 会 奉仕委員会 委員長 L藤原雅彦

1.開会のゴング  会 長 L宮﨑春貴( 第1副会長 L河原 淳 代行 )

2.国歌並びにライオンズクラブの歌斉唱

3.「ライオンと呼ばるる人」朗読  YCE委員会委員長 L小山善郎

4.会長あいさつ  会 長 L宮﨑春貴( 第1副会長 L河原 淳 代読 )

本日も例会出席いただきありがとうございます。
西脇ライオンズクラブ初代会長L在田一雄が、逝去されました。西脇ライオンズクラブとしても、とても悲しい知らせでした。L在田の我がクラブに対しての功績はどのような言葉でも表すことが出来ません。今もこの例会場におられるような感じがしてなりません。ご冥福をお祈りしたいと思います。また、お通夜、告別式とお手伝いいただきましたメンバーの皆様に、お礼申しあげます。有難うございました。
さて、2月といえば節分で豆まきをする人も多いのではないでしょうか。私も、二日前、ライオンズクラブの代表として成田山で豆まきをさせていただきました。では、「豆」をまくのか、「鬼は外、福は内」の由来は由来は何なのか、ご存じでしょうか。まず、「節分」は中国で疫病や悪鬼を追い払うために行われていた追儺(ついな)という儀式が日本に伝わってきたことに由来します。「豆まき」の由来としては、元々は豆ではなく矢を放っていたようですが、宇多天皇の時代(887年~897年)、鬼が都に侵入しようとしてきた際に豆を投げて目を潰し追い払ったことにより、それ以後豆を投げるようになったと言われています。豆(大豆)は元々米・麦・粟・豆・黍(きび)または稗(ひえ)の五穀の一つとされ、儀式などにも用いられる神聖な食べ物とされてきました。また米より一粒が大きいため、より悪霊を追い払う威力が高いとも考えられていました。また、まく豆は生豆を使ってはならず、必ず炒った豆を使わねばならないともされてきました。その理由は拾い忘れた豆から芽が出ることを縁起が悪いと考えたことに由来するとも、「炒る」という言葉が弓矢で「射る」ということと発音を同じくしているということに由来するとも言われています。節分の豆まきの際によく言われる決まり文句である「鬼は外、福は内」という言葉は、その由来はハッキリとしたことはわかっていませんが、一般的には「鬼は外、福は内」が有名なのですが、これには多少のバリエーションがあり、鬼が良い者とされていた地域では「鬼は内、福も内」という掛け声がむしろ一般的であったり、古い寺社のある地域では、仏心で鬼を改心させるという意味で「鬼は内」と言われることがあったりします。また、「鬼塚」「鬼頭」など「鬼」のつく姓が多い地域や、旧大名・九鬼氏の領地でも「鬼も内」とされています。今年はもう機会はないと思いますが、来年、豆をまく際には、こうした由来を少し意識してみると面白いかもしれません。2月21日には高校新人駅伝があり炊き出し等いろいろお世話になります。よろしくお願い申し上げまして、例会挨拶といたします。

5.本月の誕生祝  L藤井 猛 L小林茂夫 L藤原廣司 L松原義紀 L藤井義輝 L嶋田 登  L藤原洋志

L高瀬純造

L宇仁菅和之

L長井秀夫

L平田 滋

 

 

6.次期役員指名委員長あいさつ  次期役員指名委員長 L生田弘之

7.幹事報告  幹 事 L徳岡武義

8.本日の議題

9.その他、報告事項 

10.食事

 

11.会員スピーチ  L近藤文博

YCE委員会の近藤です。この度は会員スピーチを仰せつかりました。しばらくお時間を頂戴いたします。私は、2011年10月に西脇ライオンズクラブに入会させて頂きました。12年前に膠原病を患い、その後、酒もゴルフも縁を断ちました。そのようなこともありなかなか皆様と深いお付き合いができておりません。そのような訳で今日は、私をより知って頂きたく自分の今までの人生を簡単に振り返ってみました。
私は1949年(昭和24年)1月30日生まれ、現在67才ですが、今までの人生で大きく3回のターニングポイントがありました。
① 第一は、商社マンとして社会人スタートしたことです。
1971年大学卒業と同時に総合商社の伊藤忠商事に入社し、22才で商社マンとしてのスタートを切りました。東京本社勤務となり、担当した商品は造船重工業・自動車・家電・建設等々で使用される、普通鋼・特殊鋼・ステンレス・パイプ等の鉄鋼製品全般でした。例えば、東京都庁ビルの20階~30階部分で使用されている鉄骨、明石海峡大橋にかかる橋脚に使用されている鉄材、等々自分が手がけたSEELが今も残り、今も現役です。見るたびに感慨深いものがあります。
② 第二のターニングポイントは人材コンサルタント(産業力ウンセラー)としてのスタートです。
50才直前で希望して事業子会社に転籍しました。キャプランという民間ハローワーク(有料人材紹介会社)です。若手の転職希望者からリストラ対象者まで転職の斡旋をする会社です。まだリクルートもこの分野では創生期で、一番遣り甲斐のある仕事ができたと思っています。その後サーチファーム・ジャパンという会社を数人で立ち上げ独立し、エグゼクティブ人材をサーチするヘッドハンティングを手掛けました。ヘッドハンティングは、現役のバリバリを引き抜き、更なる飛躍の場所に案内する役割でした。これも非常に興味深い仕事でした。この間約10年、人材コンサルタントとして沢山の優秀な人材の転職をお世話させて頂きました。
③ 第三のター二ングポイントはホテルマンです。
60才を迎えた頃、家族の事情でやむなく東京の仕事を後身に譲り西脇に帰郷しました。引き続き何か経験を生かせる仕事を続けるつもりでした。10年間他人の仕事さがしをビジネスにしていましたが、初めて自分自身の職探しをしました。数社対象の会社をサーチしましたが、幸か不幸か、現在の西脇ロイヤルホテルにご緑を頂き、今度はホテルマンとして今に至っております。早いもので6年が過ぎようとしています。

第一のターニングポイントは就職で商社マンとして28年、第二は50才で人材コンサルタントとして10年、第3はホテルマンとして6年、これが今の私です。

最後に私が、最近なるほど思った言葉が2つあります。
ひとつは「人生は後悔に時間を費やすほど長くはない。」
二つ目は「人生には野球のように代打もリリーフもない。自分でやるしかない。」

以上、本日は纏まりのない話ではありますが最後までご清聴ありがとうございました。こんな私ですが、これからもよろしくお願い致します。

12. 前回のファインバンク  テールツイスター

13.本日の出席率  会員・会則・財務委員長 L稲益和貴

14.また会う日まで

15.閉会のゴング  会 長 L宮﨑春貴( 第1副会長 L河原 淳 代行 )

Copyright© 2012 西脇ライオンズクラブ All Rights Reserved.