会長方針

会長テー『力必達(力(つとむ)れば必(かなら)ず達(たっ)す』

会長    上田正生

 

 「力必達(力(つとむ)れば必(かなら)ず達(たっ)す)」
であります。 「力必達」は近代柔道の創始者である嘉納治五郎先生の訓言のひとつで、「努力をすれば、必ず目標を達成することができる」と説いておられます。
広辞苑では
「力(つとむ)」る ;強いて心を励まして。力を尽くして行う。
「達(たっ)」す  ;ある場所・位・程度に至る。及ぶ。とどく。深く通ずる。
と書かれていますので、「心を奮い立たせ力を尽くせば、目指すところへ手が届くようになり、あるいは精通することもできる」と解釈することができ、これはライオンズクラブの活動に通じるものがあると考えます。すなわち、強い奉仕の精神を持って行動すれば、やがてそれは何らかの形で実を結ぶようになると思うからであります。
このテーマで自らを鼓舞しながら、クラブメンバー皆様の力をお借りして活動していきたいと思います。

アクティビティースローガン
『Lasting Immedate Original Nativ  Service

                 永続・即応・独創の地域奉仕』

ライオンズクラブ国際協会のスローガン

Liberty, Intelligence, Our Nation’s Safety
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)
は大きな視野で掲げられたスローガンであり、これを私なりにより現実的な奉仕活動に合わせた言葉へ置き換えてみました。
「 Lasting Immediate Original Native Service 」
( 永続 ・ 即応 ・ 独創 の 地域奉仕 )
Lasting;永続する  ・・・先人からのクラブ伝統を継承しながら、
Immediate;即時の ・・・ 変化する事象・時代背景に即応し、
Original;独創的な ・・・ さらに新しい活動を独創していく
Native       ・・・ 地域に密着した
Service        ・・・ 奉仕活動
この L・I・O・N・S ( 永続・即応・独創の地域奉仕 ) をアクティビティスローガン に掲げて、奉仕活動が結実する(=達(たっ)する)よう力(つと)めたいと考えています。

 
Copyright© 2012 西脇ライオンズクラブ All Rights Reserved.