会長方針

会長テーマ『不易流行―常に新しく常に変わりなく

会長    平田 滋

 

 この度、伝統ある西脇ライオンズクラブ第58代会長に就任するにあたり身が引き締まる
思いであります。
もとより浅学菲才でありますが、この1年間、職責を全うできますよう全力を尽くす所存です。

今年度の会長テーマは 「不易流行-常に新しく常に変わりなく」
とさせて頂きました。
「不易」とは、永遠に変わらない伝統や芸術の精神
「流行」とは、新しみを求めて時代と共に変化するもの
この事から、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを
取り入れていくことを意味します。
我がクラブも再来年には結成60周年を迎えますが、この長い歴史の中でライオンズクラブを取り巻く
環境は激変しています。今一度 ライオンズクラブの基本理念を再認識し、良き伝統を受け継いで
いくと共に、今の時代にあったアクティビティとクラブ運営を模索していきます。

アクティビティスローガン『かたき握手で結ばれる和』

 

私は、クラブの運営にあたっては人間関係が第一であり、活動もアクティビティも 全ては「人の和」
から始まるという想いでおり
アクティビティスローガンは「かたき握手で結ばれる和」
と掲げさせて頂きます。
「和」はひらがなの「わ」のもとになった古くからの漢字ですが 読み方に「やわらぎ」とあります。
聖徳太子が制定された有名な17条憲法の第1条には「和を以って貴しとなす」ともあります。
道理を正しく見出すために、和らぐ場を作り、自由闊達な議論を行い納得のいく結論に至りたい
という願いがあります。
これらの方向性を決めるうえで、メンバーの皆様から多くの意見を頂き 西脇ライオンズクラブでし
かできない奉仕を、相互共に喜びのあるアクティビティを目指します。
これらの運営方針の実現にはメンバーの皆様のご支援が不可欠です。
これらの事が全うできますよう どうぞお力添えをお願い申し上げます。
 
Copyright© 2012 西脇ライオンズクラブ All Rights Reserved.