地区ガバナー公式訪問 335-D地区3R-2Z合同例会

2012-10-19

2012年10月19日(金)

国際会長テーマ           「奉仕の世界」

335-D地区ガバナーテーマ     「WESARVEの伝統と誇りを次世代に」

335-D地区アクティビティスローガン「矜持の心を忘れず愛する奉仕を」

西脇LC 会長テーマ        「進化—–Evolution」

中LC  会長テーマ        「異体同心の輪で奉仕」

黒田庄LC会長テーマ        「原点回帰」

加美LC 会長テーマ        「WE SARVE -熱き想いで-」

 

2012~2013年度 ライオンズクラブ国際協会335-D地区

              地区ガバナー       瀧北美智子

 地区アクティビティスローガンとして取り上げた矜持とは、自分の能力を優れたものとして誇る気持ちで、自負、プライドと言う意味ですが、「責任」「節 度」との意味も含まれていると思います。 今、世の中はあらゆる面で転換機に入っており、長い歴史を持つライオンズもその大きなうねりの中にいるように思われます。こういう時期だからこそ、メンバー一人ひとりが矜持の心を持ち、先輩ライオンが今まで築いてこられた 「WE SERVE」の伝統と誇りを次世代につないでいかねばなりません。 会員の減少が続いておりますが、地域のニーズに適応した、若い人たちを惹き付ける魅力ある奉仕が会員維持につながり、若い会員の獲得につながると信ています。

 ライオンズの奉仕を待っている人の為に

役に立つ事への喜びと誇りを感じる為に

ライオンズの会員であるという誇りを持つ為

 

 

Copyright© 2012 西脇ライオンズクラブ All Rights Reserved.